心つながるやるらぎの宿 熔岩流とハナコの里
ホーム館内のご案内お部屋お料理プラン一覧料金とご予約温泉

江間章子

江間章子
1913年3月13日~2005年3月12日)

昭和を代表する唱歌の作詞家、詩人。
代表作に「夏の思い出」、「花の街」などがある。
地元西根町(現・八幡平市)名誉町民第1号
略歴
大正2年(1913年)3月13日 新潟県高田市(現上越市)に生まれる
大正4年(1915年)父の急逝後、平舘村(現岩手県八幡平市平舘)の母の実家に移住する
大正14年(1925年)静岡県に転居し、静岡高等女学校に入学
昭和5年(1930年)駿河台女学院に入学
昭和11年(1936年)詩集「春の招待」発表
昭和24年(1949年)「夏の思い出」をNHKラジオ歌謡にて発表
昭和26年(1951年)「花の街」をNHK「婦人の時間」にて発表
平成2年(1990年2月7日「一枚の写真」フジテレビに出演する
平成4年(1992年)東京都世田谷区の名誉区民に選定される
平成7年(1995年)岩手県西根町(現・八幡平市)の名誉町民第1号に選定される。
平成10年(1998年)群馬県片品村の名誉村民第1号に選定される。
平成17年(2005年)3月12日 脳内出血のため東京都世田谷区の病院で死去。
代表作
夏の思い出(作曲:中田喜直)
おかあさん(作曲:中田喜直)
花の街(作曲:團伊玖磨)
花のまわりで(作曲:大津三郎)
校歌の作詞
岩手県岩手大学教育学部附属小学校校歌
岩手県八幡平市立西根第一中学校校歌
神奈川県相模原市立神鶴間中学校校歌
神奈川県横浜市立東希望ヶ丘小学校校歌
神奈川県横浜市立左近山第一小学校校歌
愛媛県四国中央市三島東中学校校歌
山梨県都留市立都留第一中学校校歌
東京都世田谷区立希望丘中学校校歌
東京都小平市立学園東小学校校歌
その他
雑誌「椎の木」の同人として、詩を書き始めた。
「イラク紀行」などの著書や訳書がある。

江間章子 石碑

いこいの村岩手 八幡平市平笠24-1-4 平成5年6月建立
江間章子 石碑 この詩は「いこいの村岩手」を想いおつくりいただいたものです。

「鴬ノ里」 江間章子さん直筆

ココハ
ハナコノ故郷
幸福ノ故郷
鴬の里
ポエトリーガーデン 八幡平市大更35-57-1 平成8年10月1日建立 西根町
江間章子 石碑 花の街

七色の谷を 超えて
流れていく 風のリボン
輪になって
輪になって
かけていったよ
春よ 春よと
かけていったよ
焼走り第一キャンプ場 八幡平市平笠24-728 平成元年7月建立西根町山岳協会
江間章子 石碑
ベゴの舌-私のふるさとでは水芭蕉をベゴの舌と呼ぶ-

ひとの声も聞こえぬ
ただ、さんざめく水のながれ
空を映し、ながれる雲を映し
六月ともなれば
そのほとりにベゴの舌が花をひらく
清純にやどる素朴
豪華な野の宴
だれによびかけるでもなく
はてしなく
水のながれのままに-

※詩碑では「だれによびかけることもなく/だれにふりかえられることもなく」とある。
(建立時に、江間さんが校正)
七時雨地区 体験観光施設 八幡平市寺田1-1 平成18年4月建立 八幡平市
江間章子 石碑
一、しぐれるという しぐれるという
  日に七たび しぐれるという
  山なみは
  幼くて 澄んだひとみに
  とても不思議な瑠璃色の
  瑠璃色の山に見えた
二、しぐれるという しぐれるという
  日に七たび しぐれるという
  山なみは
  青春のいたみこらえて
  眺めた日々も 美しく
  美しくそこにあった
三、しぐれるという しぐれるという
  山なみは
 それぞれの季節すぎては
  春を迎える なつかしい
  なつかしい姿だった
平舘公民館 八幡平市平舘26-99-1 平成元年7月建立
江間章子 石碑
水と風

わたしが好きな水のにおい
ふるさとの村を
たてとよこにながれている
小さな川の水のにおい

それにもまして
わたしの好きな風のにおい

風よ
わたしはあなたが好きだ
松林をくぐりぬけて
あなたがくるとき
空を見上げて
わたしは白くなる

※詩碑では「わたしが好きなかぜのにおい」とある(江間さん直筆)
ページの先頭へ戻る