心つながるやるらぎの宿 熔岩流とハナコの里
ホーム館内のご案内お部屋お料理プラン一覧料金とご予約温泉

温泉医学

温泉法

「温泉」とは、地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除きます。)で、別表に揚げる温度又は物質を有するものをいいます。

1.温度(温泉源から採取されるときの温度とする。) 摂氏25度以上
2.物質(左に揚げるもののうち、いづれか一) (表1の温泉法の規定)

表1 温泉法の規定と療養泉の規定

物質名温泉の規定㎎/㎏
(温泉法)
療養泉の規定㎎/㎏
(鉱泉分析法指針)
溶存物質(ガス性のものを除く。)総量1,000以上総量1,000以上
遊離炭酸(CO2)250以上1,000以上
リチウムイオン1以上
ストロンチウムイオン10以上
バリウムイオン5以上
※銅イオン-1以上
フェロ又はフェリイオン10以上20以上
※アルミニウムイオン-100以上
第一マンガンイオン10以上
水素イオン1以上1以上
臭素イオン5以上
沃素イオン1以上
ふっ素イオン2以上
ヒドロひ酸イオン1.3以上
メタ亜ひ酸1以上
総硫黄
[総硫化水素+チオ硫酸に対応するもの]
1以上2以上
メタほう酸5以上
メタけい酸50以上
重炭酸そうだ340以上
ラドン
タヂウム塩
20×10-10キュリー以上
1×10-8以上

※温泉法にはないが、療養泉の規定にある成分

温泉入浴の身体的影響

物理的作用

温熱の作用:温めると
・痛みが軽減する(鎮痛効果)
・血液循環がよくなる(疲労解消などの効果)
・新陳代謝を高める
水温熱い(42℃以上)
または
冷たい(20℃以下)
不感温度
すなわち
34℃~36℃
作用刺激が強く興奮作用がある負担が最も少なく鎮静作用がある
浮力の作用
水中では、重力による負担がかからない
静水圧の作用
血液の心臓への戻りをよくする
全身浴では、肺を圧迫し心臓への負荷を高めることもある

薬理(化学的)作用

・化学成分が皮膚を透過して体内に入る(微量)
 特に炭酸ガスは、皮膚から体内に入り毛細血管を拡張させ皮膚血流を増加させる
・化学成分が、皮膚表面に作用する
 殺菌作用(強酸性泉など)
 肉芽組織生成促進作用l(イオウなど、傷の治り)
 皮膜の形成・保温作用(食塩泉など)

鉱泉の分類

泉温の分類

鉱泉が地上に噴出した時の温度、または採取した時の温度を泉温という
鉱泉を泉温により次の通り分類する
泉温
冷鉱泉 25℃未満
温泉 低温泉 25℃以上34℃未満
温泉 34℃以上42℃未満
高温泉 42℃以上

液性の分類

鉱泉の液性を湧出時のpH{ペーハー}値により次のとおりに分類する
酸性pH3未満
弱酸性pH3以上6未満
中性pH6以上7.5未満
弱アルカリ性pH7.5以上8.5未満
アルカリ性pH8.5以上

浸透圧の分類

鉱泉の浸透圧を溶存物質総量または凝固点(氷点)により次のとおり分類する
溶存物質総量(g/㎏)凝固点
低張性8未満-0.55℃以上
等張性8以上10未満-0.55℃未満-0.58℃以上
高張性10以上-0.58℃未満
鉱泉を泉温、液性、浸透圧について次の例示のとおり分類命名する 等張性
例示中性高温泉
分類命名浸透圧液性泉温
この分類により命名した名称は療養泉としての泉質名に併記するのが通例である

さまざまな温泉利用法

A) かけ湯・かかり湯・かぶり湯(事前浴)
身体を湯温にならすため、足から順番に上の方に、数杯~10杯程度かける 同時に、身体の汚れを浴槽に持ち込まないち言う意味でも重要である 特に熱い湯に入る場合、頭にかぶり湯をすると頭部の血管の保護になるという
B) 全身浴・半身浴・部分浴
肩まで入る全身浴、みぞおちまで入る半身浴、足だけ・腕だけなどの部分浴がある 足湯は部分浴の代表である
C) 蒸し湯(箱蒸し・蒸気浴)
温泉の蒸気を利用した水圧のかからない全身の温熱療法で、蒸気の吸入の効果もある
D) 飲泉
温泉浴による脱水を防ぐために水分の補給が重要。特にミネラル分が豊富な温泉水は水分補給に適している。
E) 吸入
ヨーロッパでは多くおこなわれる、温泉の蒸気または霧を吸い込むことで呼吸器を楽にすることができる
F) 鉱泥浴
ヨーロッパで広くおこなわれている。日本ではエステティックとして利用されている場合が多い。
G) 動水圧による浴槽
重水圧とは、水流などの圧力のことで、マッサージ作用があり温熱効果を高める役割がある。 
  重水圧を利用した浴法としては古来からおこなわれていた、滝の湯などのほか最近ではモーターなどの動力を使った設備が各種つくられている。

賢い温泉入浴法

温泉入浴は、家庭での入浴に比べ刺激が強く、負担が大きくなるため過度な負担を避けるための手順を理解してください。

入浴手順

・かけゆ → 半身浴 → 全身浴 → 水分補給 → 休息

入浴の時間と回数

温泉地に滞在するとき一日目は1回、慣れたら1日2~3回程度の入浴とするのが原則。
適切な入浴時間は個人差もあり、湯温などによって変化するが汗がだらだらと流れ出るのは、入り過ぎであるといえる。
ページの先頭へ戻る