トレッキング(登山・山歩き)
ホーム館内のご案内お部屋お料理プラン一覧料金とご予約温泉
楽しい、安らぐトレッキングで日常とは一味違うひとときを。ゆっくりゆったりと山を歩いてみませんか?

岩手山 標高2038m 八幡平市・雫石町・滝沢村

盛岡市の西北盛岡平野と八幡平高原の中間にどっしりと構えた大型の活火山(コニーデ型)である。3市町村にまたがり、平野部のどこからでも望める県内最高峰のこの山は、富士山型の雄大・秀麗な山容から、南部片富士の別名で親しまれ、昔も今も南部地方の象徴的な存在になっている。
山体は、生成の古い西岩手火山とその東部に新しく生成した東岩手火山からなり、最高峰は薬師岳である。 西岩手火山の大地獄カルデラは、東西2500m、南北1500mあり、北側が屏風岳、南側は鬼ヶ城と呼ばれる。御苗沢湖、御釜湖の火口湖があり、お花畑といわれる植物群落が見所。

一方、東岩手火山の鬼又沢カルデラは東西1250m,南北1700mあり、山頂は御鉢、火口は御室と呼ばれる。又、北東斜面の国特別天然記念物・焼走り熔岩流は1732年の噴火で流れ出たもので、その荒涼たる眺めは噴火時当時の激しさを物語る。

>>岩手山伝説を見る

八幡平 標高1613m 八幡平市・仙北市・鹿角市

2県3市にまたがり奥羽山脈の脊梁を成す山を中心とする高原一帯と、その東の源太森・茶臼岳、南の畚岳・藤七温泉、西の蒸ノ湯・焼山一帯を含む総称とされている。

山名は、坂上田村麻呂の残賊の征伐に由来する。八幡平一帯は背のような、あるいは楯を伏せたような山容で、アスピーテ型地形をなしており、八幡平湿原の中に清らかに神秘をたたえる八幡沼がある。 八幡沼と蟇沼は、複式火山湖で、八幡沼は東西方向に並んだ5つの小さな火口が同じ水面でつながったものである。平成5年には、アスピーテラインの循環ルートとして「八幡平樹海ライン」が開通し、雄大な岩手山の姿を望みながら国立公園の大自然を満喫できる絶好のドライブコースとなっている。県境には駐車場、レストハウスも完備されている。

姫神山(盛岡市) 標高 1123m

一本杉コース(他3コース)



歩行時間 2時間30分

「ひめかみ」。どこか神秘的な言葉の響を持つこの山に、地元の人々は霊山として長い間、信仰を寄せています。
姫神山はまた、スズランや山菜の宝庫です。 ゆるやかな三角形にせり上がった優美な姿の姫神山は標高1123.8m。 白樺林を縫い、高山植物を眺めながら登る「一本杉コース」からの登山は所要時間90分。
その他3コースの登山路があります。中腹から裾野にかけての抗原は、ピクニックやハイキングにも最適です。

上へ戻る

七時雨(八幡平市) 標高 1063m

駒ケ岳(岩手郡雫石町) 標高1637m

鞍掛山(岩手郡滝沢村) 標高 897m

ページの先頭へ戻る